interview
2019/03/20

自分の悩みが人生を切り開く鍵だった

ファスティング × ファッション / 起業家
鳥居希美さん

仕事の話をしだしたら止まらない!目を輝かせてお話しいただいたのは、ファスティング×ファッションを軸に女性を輝かせるべく起業された鳥居希美さん。昨今、ダイエット目的だけでなく、集中力や判断力を研ぎ澄ますため、経営者やアスリートなども取り入れている注目のファスティング。起業に至るまでのヒストリーをお伺いしました。

人と違うことがしたいと向かった海外、そこで出会ったもの

高校は進学高に入学。すると、すぐに卒業後の進路を決めなくてはならず、周りがどんどん決断していく中、社会も選択肢も知らない状況で決めることができずに焦り、人と違うことがしたいという思いが強くあったこともあり、一年休学してオーストラリアに留学する。

留学中に出会ったのは、日本とは違う自由な発想や、働き方の女性たちだった。母親になっても大学に通い経営を学んだり、起業した会社を売ってまた新しいことを始めたり。そんな姿をみて、『私も経営者になりたい!』と大学はアメリカで経営学を学ぶことに決めた。

しかし、”何で起業するか”が見つからないまま卒業。
社会経験を積むため、一旦は就職をする。

働くならばチームで何かを作り上げる仕事がしたいと放送局に入社。海外出張や夜勤などもあるハードな仕事ではあったがとても充実していた。それでも起業したいという思いが消えることはなく、経営について学び、何で起業するかを模索し続ける日々。ネイルやヨガ、写真などいろんなものを試してみるが、これだと思うものが見つからない。

一方、結婚、出産、産休育休を経て管理職にもなり着実にキャリアを積み重ねていく。しかし、責任ある立場や仕事と子育ての両立に苦悩し、身体がぼろぼろになり、気付けば13年半もの月日が経っていた。

 
そんな時、運命の出会いが訪れる。

自分の悩みが導いてくれた道

若い頃からダイエットを繰り返し、体型へのコンプレックスを抱え続けていたという鳥居さん。食べ過ぎては吐くなどの摂食障害に長い間悩まされていた。『食べるコントロールができなかった。』と昔を振り返る。出産を機に症状が落ち着いていたが、しばらくしてまた再発し始めた。

『なんとかして、変わらなきゃ。』

すがる思いで参加した栄養士さんのセミナーでファスティングに出会い実践したところ、みるみるうちに体型が変わり、それとともに気持ちが変わっていく。

『これを学びたい!』とすぐさま資格取得のための勉強を開始。学べば学ぶほどファスティングの虜になった。2回目のファスティングを終えた頃には、マイナス7kg。同時にイメージコンサルティングを受けてファッションも変えたことで、ほんの数カ月で周りが驚愕するほどの変身をする。

『これだ!ファスティングとファッションで起業しよう!
自分をハッピーにすることがそのまま仕事になるってすごい。』

長年の問いにようやく答えが出た瞬間だった。



しかし、『いざ会社を辞めるとなるとすごく怖かった。』と振り返る。これまで何でも応援してくれていたご両親ですら心配して何度も確認をしてきたという。旦那さんは反対も賛成もしないと、鳥居さんの覚悟を見守ってくれていた。

『辞めてみて会社の有り難さを思い知るだろうなと思った。そんな甘くなかったと思うかもしれない。だけど、自分の可能性をみてみたい。ダメだったらまたやり直せばいい!それだけのキャリアも積んできた。最後はやけくそです(笑)』

『どこかで傷ついてでもジャンプしないと見えない景色はある。不安なのはみんな一緒だと思う。』

念願の起業!日本全体が元気に、ハッピーに!

起業当初から、変貌した鳥居さんの姿をみて友達や周りの方からファスティングの指導をしてほしいと依頼が舞い込むようになる。

『ファスティングもイメージコンサルも自分が本当に心の底から惚れ込んでやっているので、やらないなんてもったいないと思う(笑)起業したことで、常に学び成長し続けなければいけない緊張感はあるが、自分がやりたいと思うことを仕事にしているので、楽しくて仕方がない!』

仕事の話しをしている時の鳥居さんは、本当に生き生きしていて、想いが溢れ出てくるのが伝わる。

鳥居さんが提供している“人生を変えるアカデミー”を受けた方からの要望で、昨年から食講師の養成講座も始めることになった。食を学ぶことは自分だけでなく、家族も周りの人も健康に幸せにすることができる。

『幸せの輪がどんどん広がれば日本全体が元気に、みんながハッピーになる!』

『女性は自分に嘘がつけない生き物のような気がする。自分の好きを仕事にするとうまくいくと思う』


『女性が自立するお手伝いをするのが楽しくて仕方がない!』と食を学んで仕事にしたい女性を応援するためのビジネスコンサルも行っている。

今後は食育セミナーを中学や高校など100校でやりたい!
ゆくゆくは食を学ぶ学校もつくりたい!と鳥居さんの想いは膨らむ。

自分の悩みをきっかけに出会ったファスティング×ファッションが、楽しくて仕方がない仕事になり、そんな彼女から溢れ出る想いが周りに伝わり、幸せの輪がどんどん広がっている。

セミナーや個別カウンセリング等の最新情報はメルマガにて配信中!
ご登録はこちらから⇒ http://nozomitorii.com/mailmagazine/



取材・文 / 中安加織

ファスティング × ファッション / 起業家
鳥居希美さん

1977年5月31日 福岡県生まれ、2018年3月現在40歳、1児の母
高校でオーストラリアに留学、米国4年制大学卒業。
10代からダイエットを繰り返し、摂食障害を発症。30代半ばまで苦しむ。
30代で出会ったファスティングにより減量、体質改善、食習慣改善に成功。
自身の人生を変えたファスティングと食指導をライフワークにしたいという想いが強くなり、
資格取得後、13年半勤めた放送局を退職し、起業。
ファスティングとイメージコンサルティングを組み合わせたアカデミーをオープン。
「ファスティングと食習慣を変えれば人生が変わる」という信念のもと活動を展開。
現在では減量や健康を目指す女性の指導と同時に、食で起業したい女性のための養成講座や個別ビジネスコンサルも行っている。